読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ~中山記念を終えて~

昨日、中山記念が終了しましたね。結果は1、2番人気のアンビシャスとリアルスティールが奮わず、3番人気のネオリアリズムが勝利しました。今回のレースではなぜその騎手が?という展開もありましたし予想しづらい部分もあったと思います。

特になぜ?という意見が多かったのが今回優勝したネオリアリズムと1番人気のアンビシャスの騎手についてです。今回優勝したネオリアリズムの騎手はデムーロ騎手でした。そしてアンビシャスの騎手はルメール騎手。この2人はじつは「デムーロ騎手×アンビシャス」「ルメール騎手×ネオリアリズム」はこれ以前に経験があったのです。アンビシャスに関しては二人とも複数回騎乗していますが、ネオリアリズムに関しては今回デムーロ騎手が騎乗しました。しかし、回数だけではルメール騎手の方が多く、実績も残しています。なぜ今回騎手が交換したのかはわかりませんが、一つ言えるのは騎手はやはり順位に大きな影響を与えるということです。

ネオリアリズムもアンビシャスもどちらも良い馬であることは代わりありません。しかし、その速さを引き出せるのはやはり騎手の腕次第です。馬の能力を引き出す力が強いのはルメール騎手だということを今回のレースでバッチリと確認しましたね。

様々な掲示板をみても今回は騎手の腕の見せ方というか技量が見えたという風に言う人が多いように思いました。

今後もルメール騎手をはじめ僕の好きなベルルミエールにも注目していきたいと思います。