ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ~天皇賞・秋を終えて~

娯楽としての競馬のことや、競馬の魅力や、現在気になっている競走馬ベルルミエールのことなどを語っています。

10月30日、つい昨日開催された天皇賞(秋)。結果はレース発表直後から1番人気をつけたモーリスが優勝しました。

モーリスは2011年3月2日生まれの5歳牡馬。サラブレッドです。

父はスクリーンヒーロー、母はメジロフランシスです。モーリスはメジロフランシスの6番目の産駒です。

モーリスは2歳の2013年10月に初めてのレースに出場しました。京都競馬場いきなり1着となりました。しかもその時の2着に3馬身差という差と、2歳コースレコードを飾り、華々しいデビューとなりました。

それからと言うもの、モーリスは常に高い人気と良い状態を保ちレースに出続けています。

これまで昨日の天皇賞を含め出走したレースは17レース。その内11のレースで1番人気となり、10のレースで1着となりました。

これまで国内15戦中8勝、海外2戦全勝です。

通算獲得賞金は3億5477万6000円と2109万香港ドルです。

前回の2,832.万円と今回の賞金1億5000万円が追加され更に獲得賞金が増えそうです。

旗手は1億5000万円内1割程度の収入となるそうですから、今回騎乗したモレイラ旗手は1500万を獲得ということでしょうか。(計算を間違えていなければ)

そう考えるとやはり競馬は夢の競技といえるのではないでしょうか。

 

さて次のG 勝レースは11月5日の京王杯2歳Sです。

1番人気はレーヌミノル。2番人気はコウソクストレート3番人気はモンドキャンノです。

2番人気のコウソクストレートと3番人気のモンドキャンノはどちらもこれまで戸崎圭太旗手が騎乗し出走していました。

今回戸崎圭太旗手はコウソクストレートに騎乗予定です。さてどうなることでしょうか。楽しみにしたいと思います。