読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ

ベルルミエールの戦績、血統|競馬好きサラリーマンブログ~ウィナーズサークル~

こんにちは。

 

娯楽としての競馬のことや、競馬の魅力や、現在気になっている競走馬ベルルミエールのことなどを語っています。

1989年の日本ダービーを制したウィナーズサークルが30歳でなくなりました。

ウィナーズサークルは史上初の茨城県芦毛馬でした。

 

とても美しい芦毛はなかなか目を引くものがありました。

戦績は11戦中3勝ですが、掲示板に載った回数は11戦中10回。

かなり良い成績も馬でした。

1988年にデビューし初めてのレースから4位と期待と実力に溢れた競走馬だと思います。

 

そんなウィナーズサークルにメインで騎乗していたのは郷原洋行元騎手・調教師。

1962年にデビューし、その後所属厩舎を3度変え、最後にはフリーとして活躍しました。

力強い騎乗が有名で「剛腕」とも呼ばれました。

成績は11906戦中1515勝。重賞勝利回数は83。G1でも10勝しています。

 

1993年に騎手を引退した後、調教師として2011年まで活躍しました。

そんな郷原さんは現在72歳。

まだまだ現役で行けそうな立ち姿の写真を何枚か目にしました。

今回、ウィナーズサークルの訃報をきいてどう思っているのでしょうか。

 

馬の平均寿命は25歳から30歳と言われています。

ウィナーズサークルは30歳でしたから、よく長生きしてくれたと思います。